西瓜の接木 第1期 その2

ここでは、「西瓜の接木 第1期 その2」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
---------------------------------------------PR---------------------------------------------
昨日のノルマも無事に終わり、今日も2人で1000以上の接木、私は西瓜の接木苗を植える係です。


接木のやり方についてです。(一応、私もした事があります。)

西瓜の茎を適当な長さで切り、双葉の付け根の茎の部分を斜めに切り落とします。

干瓢は根っこごと引き抜き、根は2~5mm残し切ってしまいます。次に、双葉の中心にある芽を取り、西瓜の茎を刺しやすいように穴を空けます。上の中心部分から斜め下に刺します。

他に色々と細かいところはありますが、刺さっていれば大丈夫だそうです。
(刺す棒は、竹を西瓜の茎より若干太い位に削ったものです。先は平たくなっています。)


<西瓜接木図解>             <接木済み>
suikatugiki1.jpg      suikatugiki2.jpg

西瓜は夏のつくりなので、ある程度の温度が必要になるのでハウス内での作業になります。
2月でも天気の良い日は20度を超えるので結構暑く感じられます。

出来れば発砲スチロールの大きめの容器を用意して入れて温度や湿度を保つようにしたほうが、うまく接着できるそうです。 時々、霧吹きで水分を吹きかけるようにします。


<発砲スチロールに>        <土の温度>
suikahappou.jpg     kappunoonndo.jpg

土の温度は22度、植える前にポットの土に水を十分にかけておき、直径1cm位の棒でポットの真ん中にだーっと穴を空けていきます。

そこに接木済みの苗を差し込んで、軽く指で押さえ固定させます。
植えるのは慣れると結構簡単なので、すぐに終わってしまいます。


続きは明日にします・・・。
関連記事
---------------------------------------------PR---------------------------------------------

関連タグ : 西瓜栽培, 接木, 紅大,

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kuropiku.blog94.fc2.com/tb.php/32-bc547af6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。