農薬を使わない土壌消毒法

ここでは、「農薬を使わない土壌消毒法」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
---------------------------------------------PR---------------------------------------------
土壌燻蒸剤について
 科学薬剤での土壌消毒は、病害虫の予防に効果があります。ですが、土の中の有効な微生物も全滅させる危険性もあります。
 家庭菜園では取り扱いが難しい為、燻蒸剤などの土壌消毒は控えた方がいいと思います。

→主な土壌消毒剤の種類と特性

 農薬の一種の土壌燻蒸剤(クロールピクリン、クロピク、ドジョウピクリン、ドロクロールなど)は土壌の殺菌や殺虫用に利用されている。地中に薬剤を注入した後、地面の表面にビニールシートを覆い被せて燻蒸する。
 常温ではいくぶん粘性のある無色の液体である。蒸気は空気より重く、その相対蒸気密度は 5.7 である。衝撃または熱を加えることにより爆発する可能性があること、光や熱などで分解して塩化水素や窒素酸化物など有毒な気体を生じることから、取り扱いには注意を要する。
 (住宅地で使用すると、ガス化したものが家の中に入り込んだりして体調を崩したりする場合があります。)

農薬を使わない土壌消毒法
【天地返し】
 冬の寒い時に、畑の土の上下をひっくり返すように耕して、寒さで土中にひそんでいる病害虫を殺す方法です。
【日光消毒】
 少量の土に適している方法で、ポリ袋に湿らせた土を入れ、口を塞ぎ太陽の良くあたるビニールハウスの中等に入れ、土の温度が上がるようにして2~3週間置きます。
ハウス内の温度は閉め切っておけば冬の外気が5℃位だと15℃前後、日中晴れて10℃以上あれば35℃位になります。
 土の温度が高い方が有効なので、ハウスが無い場合は夏場の日光が十分当たる場所が有効です。
関連記事
---------------------------------------------PR---------------------------------------------

関連タグ : 土壌消毒, 土壌燻蒸剤, 病害虫, 家庭菜園,

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kuropiku.blog94.fc2.com/tb.php/148-f9488fe7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。