農作物被害

ここでは、「農作物被害」 に関する記事を紹介しています。
-googleカスタム検索-
カスタム検索


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
---------------------------------------------PR---------------------------------------------
茨城県の県南地方で野菜作りをしています。(一応、初公開です。)

放射性物質・風評被害等で各農作物への影響を心配しています。
現在、農作物から検出される放射性物質は減り暫定規制値を下回っていますが、まだまだ、予断を許さない状況です。

原発の放射能の問題が発生してから出荷の見通しがたっていませんでしが、
最近になり、出荷先である農協(東京の市場)で受け入れて頂けると回答を頂きました。

今までは、茨城県産(農協名入り)として扱っていましたが、今後は各地域ごとに検査機関を設け、茨城県・○○地域産(農協名入り)として明記されるようです。


放射能における土壌汚染も各地域ごとに測定し基準値を下回った事で、(作付け面積を減らしたり、見合わせる農家もありますが)
少しずつ、農家にとって安心して農作物を作れる兆しになってきました。
 
↓茨城県内農用地の土壌調査結果
2011-04-13 16.54.53)
土壌中放射性セシウム濃度上限値 5,000ベクレル/kg(原子力災害対策本部)


野菜に付着したものや土壌に残る放射性物質を定期的に測定し結果が下回る事で、農家だけでなく、家庭菜園での野菜・市場に出回る野菜でも安全・安心です。


1月から準備している西瓜の苗を植えています。一時は植えない方がいいのかと考えましたが、出荷先である農協(東京の市場)に全面的に協力し、前向きに今出来る事、野菜を育てていこうと思います^^
スポンサーサイト
---------------------------------------------PR---------------------------------------------

関連タグ : 西瓜栽培, 野菜作り, 風評被害,


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。