野菜作りのブログ。メインに西瓜・白菜、他にも色々な野菜作りをしています。
-googleカスタム検索-
カスタム検索


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
---------------------------------------------PR---------------------------------------------
2010年度は白菜作りにとって大変珍しい年となりました。

西瓜の手入れを行っている頃から雨が降らず猛暑続きで、白菜を植え初める頃(8月末~9月初め)まで雨が降らず、土が乾燥しているのと、熱をもっているので植えたその日に萎びるような状況でした。
0906.jpg9/6 白菜(秋理想)苗植え
↑畑に水を掛けないで大丈夫か試しに1株だけ植えてみました。萎びていますが、まだ芯が生きています。


0909.jpg9/9 白菜苗植え
↑奥の機械は全自動。手前は半自動です。どちらも1畝づつ植えます。
 半自動の方が苗の根に負担が掛からないので、大きく育つ傾向があります。
全自動では、根はりが良い苗作りが必要です。葉が育ち過ぎでも植える過程で引っかかり欠株になりやすかったりします。

前日に雨が降ったので一気に植えました。
(晴れが続くとまた、植えられず苗が弱りそうな為。)

IMG_0965.jpg
↑この畑は約9000本植えられます。


今まで晴れ続きの猛暑でしたが、急に大雨が降ったりする事が続く事がありました^^;
すると、高畝に植えてあった苗が流され、畝自体も低くなりました。乾いた土もカチカチに。

0925.jpg

恵みの雨のはずが、雨のせいで大幅に成長が遅くなりました。

水が引いた畑は苗を植えかえたりして、無事成長していきたのですが、例年と比べ小ぶりのものが多く、普段は大箱に4本入りが6本や8本入りのものが多くなりました。
(今年の白菜単価は昨年の2倍位になりました。)

水が引かず、湖のようになっていた畑もありました。(2度程水没しました。)
畑までの農道ですらドロドロでした。
そうした、雨の被害で12万本あった苗も4万本は出荷出来なくなってしまいました。

晴黄60ー10月中旬。小ぶりで8本入りが多い。8割出荷。
秋理想75ー10月中旬から11月初め。若干小ぶり、全体的に軽め。6本入り、8本入り半分。9割出荷。

11月中旬。新理想めぐみー柔らかく甘い白菜。6本入り、8本入り半分。3割水没の影響で出荷×。
スーパー新理想ー11月中旬から12月中旬8割水没と害虫の為出荷×。
黄心80ー8割水没と害虫の為出荷×。


晴黄90ー水没。全て出荷×。
初笑90ー12月下旬~3月初め。大きく重い。3本~4メイン。葉が薄いので、寒さに強い。9割出荷。
冬のめぐみー2月終わり~3月初め。小ぶり6本メイン。若干軽い。巻いていないと多少苦みがある。6割出荷。
きらぼし90ー3月初め~12日まで。小ぶり6本メイン。巻くと胡麻が入る。葉が厚めの為寒さに弱い。5割出荷。


早生の白菜は小振りながらも、安定して出荷出来ました。
中出の白菜、新理想めぐみ・スーパー新理想・黄心は一番美味しい時期に出荷出来ないものが多く残念でした。
奥の白菜は元々成長が遅いのもあって、巻かないものが多かったですが、初笑はとても大きく安定した出荷(毎年)が出来ました。
冬のめぐみ・きらぼしは契約以外での出荷(地元の市場)でしたが、時期的に品不足だったようで少ないながも受け入れてもらえてよかったです。
関連記事
スポンサーサイト
---------------------------------------------PR---------------------------------------------

関連タグ : 白菜, 出荷, 被害,


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。